TOP > 最近の出来事・事例 > 2018年お正月用販促ラベルのご紹介
最近の出来事
2017/12/04

2018年お正月用販促ラベルのご紹介

朋ジェーエス・ピー
最近の出来事・事例

 お正月商戦の準備はお済みですか?

12月に入り、クリスマスムードもいよいよ本番。

街中が楽しい雰囲気で包まれる中、お正月の準備で大忙し、なんて方も多いのではないでしょうか。

 

 お正月商戦に向けた販促準備

お正月商戦の準備は佳境を迎えている頃と思います。

しかし忙しい年末。

もう少しアピールがしたい…

販促物が足りなかった、足りなくなってしまった

などなど不測の事態が起こることもしばしば。

そんな方々に向けて、今からでも間に合う販促物の準備として弊社の販促ラベルをご紹介します。

 

■2017年登場新アイテム

syougatsu.jpg

今年度は3つのアイテムが新登場。

華やかなお正月の雰囲気にふさわしいデザインでおすすめです。

 

■こんな時はどうする?ケース別便利アイテム紹介

・「お正月」と「迎春」の使い分け

SP-586_587.jpg

弊社のアイテムの中には「お正月」と「迎春」の2種類の言葉を使ったアイテムがありますが、

そもそも「どういう風に使い分けるのかわからない」と思われている方もいると思います。

それぞれ

「お正月」→新年を祝う行事(年初め)のこと

「迎春」→新年を迎える

を意味しているので、

1月1日から貼りたい、お正月をアピールしたい場合は「お正月」を、

新年を迎えることのできた喜びや新しい年の訪れを表現したい場合は「迎春」を、

など、伝えたい内容によって使い分けをすることができます。

 

・面白みのある工夫がしたい!ーおみくじアソートラベル

SP-4367.jpg

お正月といえば「おみくじ」。

福袋やお年玉といった取り組みをしているお店も多いかと思いますが、今年は「おみくじ」でひと工夫してみませんか?

一層目をめくると、運勢の書かれたおみくじが現れるというユニークなラベル。

10枚で1シートになっていて、そのうち1枚だけ「超大吉」が含まれています。

そのままおみくじとして使うもよし、

「超大吉」を「当たり」としてプレゼント企画を行うもよし。

様々な工夫が活きるラベルとなっています。

 

・お正月が終わった後の売り込みのネタが欲しいー「春の七草」

92-9207.jpg

1月7日は、無病息災を願って7種の野菜を食べる「春の七草」。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。

七草をセットにした商品をアピールしたり、

それぞれの七草単品にも貼ることで「七草である」目印になります。

おせち料理で疲れた胃袋やインフルエンザ対策に「七草粥」をご提案してみてはいかがでしょうか。

 

・他にもあります!お正月ラベルー福袋用ラベル

SP-588.jpg

こちらは福袋用の、口を閉じるためのラベルです。

袋の口を上から挟むようにして使用します。

大きめサイズのラベルですが、裏にスリット(台紙に切り込み)が入っているので貼り付けやすくなっています。

 

 販促物でお困りの際はご連絡ください

忙しい年末年始。

しかし稼ぎどきの年末年始。

朋ジェーエス・ピーがお客様の販売促進をお手伝いします。

印刷、販促企画など、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせは こちら

すぐ出荷できるのはなぜ?ーグループ・自社工場のご紹介

既製品情報はこちらからー朋ジェーエス・ピー既製品電子カタログ